NANGA×TACOMA FUJI RECORDS BIGFOOT SURVEY PROJECT LOGO CAP ナンガ×タコマフジレコード ビッグフット サーベイ プロジェクト ロゴキャップ NW2411-3B652-C

価格: ¥8,800 (税込)
[ポイント還元 88ポイント~]
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

TACOMA FUJI RECORDS のBIGFOOT SURVEY PROJECT ロゴとNANGAのロゴを刺繍した30TH ANNIVERSARY限定コラボレーションキャップが入荷しました。
ストリートファッションにもぴったりで、NANGA×TACOMA FUJI RECORDSのTシャツと合わせてコーディネートを楽しめます。
サイドとバックのアジャスターには、TACOMA FUJI RECORDS ではお馴染みのロゴをオン。
バックのアジャスターでサイズ調節すれば、メンズ、レディース問わずお使いいただけます。
30周年だけの特別デザインのプリントになっています。

TACOMA FUJI RECORDS
2008年、 東京を拠点に「実在しない音楽のマーチャンダイズ」をプロダクト化することを目的としスタートしたTシャツレーベル。 国内外の芸術家やデザイナーが存在しないミュージシャンのプロフィールやストーリーを含めアートワークを手がける。 近年はその活動の幅も展開するプロダクトも多岐に渡り、 Tシャツのリリースは勿論、実在するミュージシャンや芸術家、アパレルブランドとのコラボレーションからビアバーのTシャツ制作まで、ファッション、カルチャーと「普通の生活」の隙間をボーダーレスに活動中。

BIGFOOT SURVEY PROJECT / ビッグフット サーベイ プロジェクト
1967年に撮影されその後世界中で論争を呼んだ、現存する唯一のビッグフットを捉えた通称「パターソン・ギムリン・フィルム」。ワシントン州タコマ在住のJack Ameche(_ジャック・アメチー)は幼少期に見たそのフィルムの衝撃が忘れられない。 「一度でいいからビッグフットと会いたい」 アウトドアが趣味だった父の影響もあり、ジャックは10代になると友人と連れ立ってビッグフット探しと称して毎週末キャンプに繰り出すようになる。地元の大学を卒業後、アウトドアショップに勤務していた。趣味と実益を兼ねて実家のガレージで始めたブリュワリーで提供していたBIGFOOT IPAがまさか年間ベストビアに選出、巨万の富を得たジャック。その私財を投入して始めたのは原点回帰、憧れのビッグフットに会う事(決して捕獲や捕殺が目的ではない)を目的としたBIGFOOT SURVEY PROJECTだった。ビッグフットが住むと言われるエリアはHOUSE OF THE HOLY(聖なる館)と呼ばれ、BIGFOOT SURVEY PROJECTはプロジェクト従事者に支給されるアウトドアギアの名称となった。




 


NANGA ナンガ

ナンガは、1941年に先代「横田晃」によって、近江真綿布団の産地からスタートした、羽毛の町から生まれた寝袋メーカーです。 社名「ナンガ」はヒマラヤ山脈にある「ナンガ・パルバット」に由来しています。 ナンガ・パルバットは標高8126mで世界で9番目に高く、別名「人喰い山」とも恐れられ、今までにたくさんの遭難者を出してきた登頂が困難な山のことを指し、その社名には創業者横田晃の「困難だからこそやってやろう、みんなが登らんとこを登ったろうという」という思いが込められています。

サイズ

FREE

詳細

デザイン NANGA
生産  日本
素材

ポリエステル

カラー

BLUE

納期について

即納可能です。

ページトップへ